寄宿舎の概要

【寄宿舎沿革】

 大正 3年5月15日  宮城県立盲唖学校開校(旧宮城県師範学校構内) 校舎寄宿舎同棟

 大正14年9月14日  北七番丁校舎 寄宿舎新築落成移転(旧宮城県師範学校隣) 校舎寄宿舎同棟

 昭和10年8月31日  東九番丁(旧第二女子高校)に移転

 昭和26年8月27日  盲・ろう学校完全分離

 昭和34年5月 8日  仙台市北七番丁1(現在の青葉区上杉六丁目)に移転  以降令和2年3月まで

 令和 2年4月 1日  寄宿舎新築  現在に至る

 

  1.運営方針

 

 学校経営の方針に即し,きまりある集団生活に適応し,社会的自立に必要な能力や態度を養い,明るく生きる人間の育成を図る。

 

  2.重点目標

 

  1. 舎生一人一人の実態に応じた「寄宿舎年間支援計画」に基づいた支援にあたる。
  2. 学部と連携の基,舎生が自らの生き方を主体的に探求する「志教育」を推進する。
  3. 舎生の自主的・創造的生活を尊重する。
  4. 舎生の健康に留意し,安全に生活できるようにする。
  5. 家庭・学部との連携を密にする。
  6. 舎生個々に応じた学習支援にあたる。
  7. 社会自立に向けた支援にあたるために,舎生の実態に即した寄宿舎運営及び寄宿舎機能を有効活用する。

 

  3.学部目標

 

◆小学部

  • 身のまわりのことを進んで行う気持ちを育てる。
  • 友達と関わり,仲良く遊ぶ気持ちを育てる。
  • 寄宿舎の日課に合わせた生活を身につけさせる。

◆中学部

  • 日常生活に必要な基本的生活習慣を身につける。
  • 集団生活の中で自分の役割を積極的に果たすことができる。
  • 互いに助け合い,思いやりの心を持つことができる。

◆高等部

  • 自立に向け集団生活の中で互いに助け合い,思いやりの心を持つことができる。 
  • 生活経験の拡大を図る。
  • 自己目標達成を目指して意欲的な生活を送れるようにする。

 

  4.本年度の努力点
  • 舎生の実態に応じた生活指導の実践に努める。
  • 歩行・身辺処理能力を高めるために、指導の場を設定するなど計画的に指導する。
  • 舎内外の行事などに参加させ生活経験の拡大や余暇の利用を図る。

 

  5.舎生状況(令和2年度)

 

  仙台市 岩沼市 塩竃市 白石市
名取市 登米市

宮城郡

七ヶ浜町

宮城郡

利府町

合計
小学部 男子                 0
女子

 

 1             1
中学部 男子

2

       1      

3

女子      1          
高等部
専攻科
男子   1  1   1  1
女子 1          1     2
合計 2 1 1 1 15
お知らせ

寄宿舎案内パンフレットもご用意しております。ぜひご覧ください。

  寄宿舎案内パンフレット.pdf