教育目標・経営方針
  1 教育目標

 

 ヘレン・ケラー女史が,本校に餞(はなむけ)として残してくれた「英知・忍耐」という言葉を信条として,視覚等の障害を克服し調和のとれた人格の形成に努め,社会の一員として自主的・積極的に生きる人間を育成する。

 

  2 目指す児童生徒

 

 自らを大切にし,すこやかに生きる児童生徒
 目標に向けて,すすんで努力する児童生徒
 互いを思いやり,ゆたかな心をもつ児童生徒

 

  3 経営方針

 

 (1)宮城県学校教育方針のもと,県内唯一の視覚障害教育校として,視覚障害教育の専門性を維持 

  • 継承すると共に,時代の要請に応える教育を推進する。

(2)視覚障害の状態や個の教育的ニーズに応じて,教育課程毎に専門性の高い,魅力ある教育活動を展開する。

(3)関係機関等との連携のもと,視覚障害教育の専門機関として各種支援と啓発に努める。

 

  4 重点目標とアクションプラン

 

(1)視覚障害教育の専門性を高め,一人一人に応じた質の高い指導と支援に努める。

  • 各種研修及び研究を通して,職員それぞれの必要性に応じた専門性を高め,視覚障害教育専門機関としての総合的な教育力を高める。
  • カリキュラム・マネジメントの考え方に基づき,時代に応じ,広く社会に開かれた視覚障害教育課程の編成に努める。
  • 児童生徒の眼疾患や見え方を的確に理解して,一人一人の視覚障害等の状況に応じた適切な配慮を設定し,一貫した教育支援に努める。

(2)自ら努力しやり抜く児童生徒,共に協力して活動する児童生徒の育成に努める。

  • 「志教育」を意識した教育活動や,児童生徒の心に沿った相談活動を行い,自ら目標を持ち,課題の解決に進んで取り組み努力する児童生徒の育成に努める。
  • 各種行事や共同の学習,地域や他校との交流活動や合同学習などを積極的に展開し,児童生徒のコミュニケーション能力や社会性の育成に努める。

(3)一人一人の豊かな人生を目指した進路希望の実現に努める。

  • 生徒の進路実現を支える段階的な支援を充実させるとともに,多様な進路実現,定着に応じるための細やかな指導体制を整える。
  • 「あはき国家試験」(あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師 国家試験)に向けた支援・指導の充実を図るとともに,豊かな人間性を備えた理療師の育成をめざす。

(4)視覚障害教育専門機関としての支援活動,啓発活動の充実に努める。

  • 視覚障害教育の教育相談及び支援活動を着実に実施すると共に,関係機関への訪問連携を密にし,広く県内に本校教育と支援活動の周知を図る。
  • 北部サテライトでの支援実績をもとに,県南部,沿岸部,三陸地域での相談事業の展開を図る。
  • 幼稚部の設置を目指した教育環境の整備に努める。